top of page

冬に楽しめる珍しい野菜、カーボロネロ


みなさんはカーボロネロという野菜を食べたことがありますか?

最近は日本でも栽培する農家さんが増えてきているという珍しい野菜、カーボロネロ。

スーパーではあまり見かけませんが、栄養豊富で調理も簡単な冬野菜です。


|カーボロネロはどんな野菜?


カーボロネロはイタリア原産のアブラナ科の葉野菜で、ケールの一種。

凸凹した濃い緑色の長い葉が特徴です。

丸くなっていませんが、キャベツの仲間なので日本では『黒キャベツ』と呼ばれています。もしかしたら黒キャベツという名前の方がご存じの方が多いかもしれません。

寒さに強く、冬の間長く収穫することができます。一度葉を採っても次から次へと新しい葉が出てくるといい、生命力の強さを感じます。

カーボロネロの葉はホウレン草などと比べると、繊維がしっかりしていて、葉の真ん中に太い茎があります。


|カーボロネロのオススメの食べ方


本場イタリアでは煮込み料理で食べることが多いようです。トスカーナ地方の郷土料理で有名なのがリボリータ。カーボロネロを主役に、余った野菜や豆、固くなったパンを一緒に煮込んだスープです。余った野菜を使用すれば食品ロスを減らせるのでうれしいですね。





また、イタリアが原産ということもあってかオリーブオイルとの相性も抜群。にんにくと一緒に炒めたり、パスタ料理にもオススメです。

そしてなにより新鮮な野菜を味わうにはサラダ!今回は苦みが少し苦手な方でもおいしくいただけるレシピをご紹介します。ぜひ野菜そのもののおいしさを味わってみてください。



|冬野菜と蒸し鶏のハニーマスタードサラダ


ほんのり苦みのあるカーボロネロとハニーマスタードの甘みは相性が抜群!蒸し鶏は電子レンジを使用してお手軽に作れます。

今回は自然野菜宅配便「四季折々」の「如月」で届いたお野菜を使用しています。無農薬で栽培された新鮮採れたてのおいしさをお楽しみください。





<材料> 1人分

カーボロネロ、ケール、コールラビ(お好みの量)

鶏むね肉 80g


aマスタード 大匙1

aはちみつ  大匙1

a白ワインビネガー 小匙1/2


<作り方>

  1. 鶏むね肉を耐熱皿にのせ、ラップをして電子レンジで2分(500W)加熱します。裏返してさらに2分加熱。(まだ中身が赤い場合は様子を見ながら加熱時間を追加してください)粗熱が取れたら細かく裂いておきます。

  2. コールラビは皮をむいて食べやすい大きさに切ります。

  3. カーボロネロ、ケールは洗って食べやすい大きさに切ます。

  4. ボウルにaの材料をすべて入れ混ぜ合わせます。

  5. 1、2、3をお皿に盛り付け、aをかけて完成です



 

FUDOが販売する自然野菜直送便「四季折々」では、箱根西麓三島で自然野菜を育てるフードカルチャー・ルネサンスさんの野菜を直送しています。

農薬や肥料を使用せず、豊かな自然で生き生きと育った新鮮な野菜をお楽しみください。


※時期により今回使用した野菜が「四季折々」のお届け商品に含まれていない場合もございます。予めご了承ください。






最新記事

すべて表示
メルマガ
bottom of page