top of page

冬の旬の味覚『蕪(かぶ)』



|蕪(かぶ)の旬の時期


蕪(かぶ)はアブラナ科アブラナ属の越年草です。

1年中出回る野菜ですが、旬は寒くなる11月〜1月頃です。

白い蕪が一般的ですが、紫や赤、黄色い蕪など色々な種類や大きさの蕪があります。


蕪は皮ごと調理でき、葉もすべて食べることができます。


そのままサラダや漬物にしても、加熱調理してもおいしい蕪。

ぜひ旬の蕪をいろいろな食べ方で味わってみてください。


|おすすめレシピ『蕪のステーキ』


静岡は蕪の有名な産地ではありませんが、この時期はおいしそうな蕪がたくさん並んでいます。

今回は静岡産の蕪を使って、蕪の甘みとジューシーさを存分に楽しめる『蕪のステーキ』を。


弱火でじっくり蒸し焼きにした蕪は、お箸を入れるとジュワーっと中の水分が溢れ出します。

中サイズの蕪を半分に切って厚切りのまま使用しているので、ボリュームが出て満足感があります。


ぜひ作ってみてください。




蕪のステーキ

ー材料ー


蕪・・・1株

ニンニク(みじん切り)・・・1片

バター・・・10g〜20g※ソース用、調理用(蕪の大きさで調整してください)

醤油・・・大さじ1


ー作り方ー


① 蕪はよく洗って皮付きのまま葉と分け、半分にカットする。ニンニクはみじん切りにする

② フライパンにバターをいれ、溶けたら蕪を入れて弱火〜中火でじっくり焼く

③ 焼き色がついたら裏返し、葉も加え蓋をして弱火でじっくり蒸し焼きにする

④ 焼けたら器に盛り付けておく


ーソースー


① フライパンにバターを溶かし、みじん切りにしたニンニクを入れきつね色になるまで炒める

② きつね色になったら醤油を加える

③ 器に盛り付けた蕪にソースをかけて完成







最新記事

すべて表示

Comentários


メルマガ
bottom of page