top of page

静岡で食べたい!「旅行者を笑顔にする 家康のてんぷらコンテスト」グランプリが決定しました

更新日:2023年12月14日

大河ドラマの影響で、いま大注目の徳川家康。

家康は生涯の3分の1をここ静岡で過ごしました。


その家康の大好物だったといわれているのが「てんぷら」です。


そこで、これから静岡へ旅行で訪れる方々に、家康の愛したてんぷらをもっと楽しんでもらいたい!

味わってもらいたい!ということから開催された「旅行者を笑顔にする 家康のてんぷらコンテスト」。


FUDOを運営する静岡編集舎も審査員として参加させていただきました。


賞に輝いたメニューは各店舗にて期間限定(2023年12月〜2024年3月)で食べることができます。


ぜひお店に足を運んでみてください。

 


テーマ:「元祖」家康のてんぷら部門

静岡県産の鯛を使用したてんぷらをメインとしたオリジナルメニューの一皿


グランプリ

「家康のみらい 真鯛のカダイフ包み揚げ」

食彩工房 ムッシュMOIZUMI /茂泉三男さん


2200円(税込)

※要予約、一度に23名様分まで提供可


お店より:大変グルメだった家康公が世界統一を成し遂げていたら…真鯛とカダイフの出会いも現実に。

鯛の皮を取った切り身の中に梅干しの果肉、蓮根を忍ばせ、粉を付けてカダイフで包み油で揚げました。鯛骨から煮出した出汁と浜名湖産青のりで洋風に仕上げたソースとともにお楽しみください


編集者T:ネーミング「家康のみらい」という家康が世界に出るとしたら、という夢を持って作りました、というお話を添えていただいたので、いただく前からなにかワクワクするような期待を感じさせてくれました。


カダイフで包みあげられた鯛はふわっとしながら食べ応えがしっかりあり、見た目のインパクトはもちろんですが、丁寧に作られたソースとマッチして大変美味しかったです。静岡らしい麻機レンコンも添えられ、静岡の素材の良さを存分に引き出した素晴らしい一品だと思います。


それぞれの食材のこだわりがよくわかりましたので、ぜひシェフのお話を聞きながらいただきたいと思いましたし、麻機レンコンのお話は大変興味深く、ガストロノミーツーリズムとしても事前にレンコン畑を見て、生産農家さんのお話を聞くことができたら、より一層おいしさが増すように感じました。

ストーリー性のあるお料理を堪能させていただきました。


食彩工房 ムッシュMOIZUMI

静岡市葵区池ヶ谷7−5

TEL:054−247−1338


準グランプリ

「昆布締め鯛の鯛の山葵巻き天婦羅」

日本料理四季/岩森直樹さん


1日10食限定/1760円(税込)

※予約不要、ランチタイムのみのご提供となります


お店より:昆布締めにして旨味を引き出した鯛の身に、静岡県産の山葵の刻みと茎を刻んだものを芯にして湯葉で巻き、天婦羅に仕立てました。家康公が好んだとされる茄子は扇形に。あしらいには浜松産の姫三つ葉を添えました。乾燥させ、粉末状にした浜納豆を合わせた塩をお供にお召し上がりください。


編集者T:わさびの茎の食感がアクセントとなり、昆布〆の鯛とよく合っていました。揚げてしまうと昆布〆の味が消えてしまうのではないかと思いましたが、しっかりと昆布〆の味わいも残り、鯛の身はふわっとしていて大変美味しくいただきました。


扇状にされた茄子にも丁寧な下ごしらえがされていました。


浜納豆を乾燥させて粉にし、塩とまぜた浜納豆塩は浜松ならではの伝統食で、よい塩味でした。和食らしい品の良さを感じ、とてもよかったと思います。



日本料理四季

浜松市中区板屋町110−17(ホテルクラウンパレス浜松内)

TEL:053−452−465

 

テーマ:「令和版」家康のてんぷら

健康に気を遣っていた家康公に「食べたい」と思わせるような、静岡県産の農林水産物(鯛を除く)を1品以上使用したてんぷらを含むオリジナルメニューの一皿


グランプリ

「葵の家紋パスタ」

大野木荘/志村美和さん


1430円(税込)

※要予約、一度に3名様分ずつ、15名様分まで提供可


お店より:山葵の葉を天ぷらにして盛り付け、家康公の葵の御紋を表現しました。静岡のあらしおを使ってゆでたフェデリーニに、梅ヶ島の「世界農業遺産の山葵」、梅ヶ島で無農薬で栽培したお茶を長時間醗酵させて作った「醗酵茶ほろに」が出会った新鮮な味わいです。静岡の香りで満たされる、最強のヘルシー&腸活パスタ


編集者T:「ほろに」という梅ヶ島産の発酵茶を使われて、わさびとの相性もよく、お互いの味を消さずに、緑茶とわさびの静岡らしい味を堪能することができました。


わさびの葉の天ぷらは葵のご紋のようで、大変インパクトがあり、葉とパスタを一緒にいただいた時もより一層おいしさが引き立ったように思います。


ここでしかいただくことのできない味は訪問する価値を高めてくれると思います。


大野木荘

静岡市葵区梅ヶ島4269−10

TEL:054−269−2224


準グランプリ

「長寿で天下取り!カツオのカツレツ」

ROSATO/笹俣江梨子さん


1650円(税込)

※要予約、一度に10名様分まで提供可


お店より:良質なタンパク質を多く含み、認知症予防に効果があるDHAとEPAが豊富なカツオを、油の吸収が少ない、イタリア風の目の細かいパン粉でカツレツにしました。中をレアにすることによってしっとりと美味しく仕上がるだけでなく、周りを加熱することで抗酸化作用の強い皮ごと調理できるため、寄生虫のリスクも避けられます。自家製のタルタルソースのカロリーは、独自の製法により通常の半分!


編集者T:厚みのあるしっかりとした鰹が細かい目のパン粉で揚げられ、外側はカリッと、中心部はレアでしっとりとし、鰹独特の臭みもなくとても美味しくいただきました。

シェフの健康への気遣いと素材へのこだわりが十分伝わってきました。

こだわりの卵を使ったタルタルソースが添えられ具が多めのソースで、タルタルソースだけでも美味しくいただきました。

とにかく鰹が想像とは違ったインパクトがあり、プロだからこそできる味わいで大変美味しかったです。


ROSATO

三島市芝本町5−23

TEL:055−916−3956



特別賞

「ヘルシー焼き天ぷら鷹狩り御膳」

入船鮨葵タワー店/稲葉敏雄さん


2200円(税込)

※要予約、一度に10名様分まで提供可


お店より:健康に気をつかっていた家康公も納得!酸化しにくい米油を少量使用。フライパンで麻機れんこんと浜松うなぎいもをカリッとサクサクに焼き天ぷらにしました。食材を書いたのぼり旗で鷹狩りの雰囲気を表現するとともに、鷹狩り中でも手軽に食べやすいように、地魚や野菜を握ったてまり寿司とまとめました。見た目も味も楽しめる一品です。


入船鮨葵タワー店

静岡市葵区紺屋町17−1 B1

TEL:054−251−9178



 

0件のコメント

Comments


メルマガ
bottom of page