top of page

啓蟄(けいちつ)



啓蟄

|啓蟄


冬に籠っていた虫たちが

春の訪れを感じて目覚め

土から顔を出し始めます


 

あかざらば千代までかざせ桃の花花も変わらじ春も絶えねば


桃の花よいつまでも高らかに咲いていておくれ

春が終わらなければ絶えることもないのだから


清原元輔 後拾遺和歌集二 春下



|期間

 

3月5日〜3月19日頃


|七十二候


初候:3月5日〜3月9日頃 蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)

次候:3月10日〜3月14日頃 桃始咲(かすみはじめてたなびく)

末候:3月15日〜3月19日頃 菜虫化蝶(なむしちょうとなる)



|旬の食べ物


蕨、筍、アスパラ、キャベツ、新じゃが、タラの芽、ホタルイカ、しらすなど


|行事・習慣


・菰はずし

立冬の頃に松の木に巻きつけていた、藁でできた菰(こも)を外して、中にいる虫たちを取り出します


最新記事

すべて表示

Comentários


メルマガ
bottom of page