ユネスコ未来共創プラットフォーム静岡に参加してみませんか?



昨年からスタートした国のユネスコ未来共創プラットフォーム事業。静岡市を中心とした

地域において、先駆的なモデルとしての活動をスタートしました。といっても、すでに多

くの地方自治体やNPO、民間企業等がSDGsの達成に向けて積極的に取り組んでいます

。SDGsの達成に向けての切り口は多様です。

私たちはその一つに、「教育・科学・文化」を通して国際平和と人類の福祉の促進に貢献

して、近年では「世界遺産やユネスコエコパークやジオパーク」など身近な存在にあるユ

ネスコを切り口とします。

中小企業の経営者や働く人が、農家や林業家や漁師さんが、大学の先生やゼミの学生が、

学校の生徒や先生が、金融機関や投資家が、国や県や市町村の職員やマスコミが、お互い

の課題を出し合い、みんなで考えようというものです。

相手の話を聴いて「学び」、質問して「気づき」、そしてみんなで「共有」し、課題解決

に向けて「してあげて、してもらう関係性」が出来上がります。「学び」や「気づき」の

中から「やる気になる」、そんなことができるプラットフォームになればいいなと思って

います。

まずは、「南アルプスユネスコエコパーク」である井川地区への関わりや学びを通して、

ユネスコ未来共創プラットフォームのネットワークを広げていきたいと思います。



【井川地区の景観】


 

お問合せ先: ㈱静岡編集舎 (https://www.fieja.jp)

担当:永松


閲覧数:48回0件のコメント

最新記事

すべて表示