top of page

小寒(しょうかん)


小寒

|小寒


季節の中で最も寒い「大寒」に入る手前。

小寒の初日を「寒の入り」とと言います。


寒さが小さいと表される「小寒」ですが、

気温は低く、日に日に厳しい寒さが増していきます。


正月明けの1月7日には「七草粥」を食べ

1年間の無病息災を願います。


 

あたらしき 年の始めに かくしこそ 千年をかねて たのしきをつめ


新しい年の初めに、このようにみんなで集まって、千年つづく繁栄を心に描き、楽しいことを積み重ねよう


古今和歌集 詠み人知らず


 

期間


1月6日〜1月19日頃


七十二候


1月6日〜1月10日頃 芹乃栄(せちすなわちさかう)

1月11日〜1月15日頃 水泉動(しみずあたたかをふくむ)

1月16日〜1月19日頃 雉始雊(きじはじめてなく)


旬の食べもの


かぶ、芹、小松菜、大根、ブロッコリー、ほうれん草、レモン、鱈

など


行事・習慣


・七草粥

・成人式

・鏡開き

・どんど焼き

0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


メルマガ
bottom of page